メイク専門学校流

3269da68f05a198a5f8de1909497740c_s

私が本格的に化粧を始めたのは専門学生の、就職活動の時で割りと遅めでした。理由は、一重まぶたが原因で、どう化粧をしたら良いのかわからなかったためです。メザイク等を施して化粧をすると、光の加減でテープが見えてしまうのではと気になり、かと言って一重のまま化粧してもあまり変わらないので別にしなくても良いではないかと考えていました。

就職活動の時に、学校の進路指導で女性の身だしなみであると教えられ、その頃ちょうど、上から化粧が出来バレずに二重に出来るというテープを見つけたこともあり、やっと化粧を始めました。数年後にはテープのおかげもあり癖づいたのか、ビューラーで睫毛を上げるだけで二重になるようになりました。

あんなに化粧をせずに生活していたのに、今では化粧せずに近くのコンビニにも出かけられないほど、大事なものになりました。しかし、次に問題になったのが、肌が弱い事でした。

無添加の化粧品等を使用して回避していたのですが、予算の関係もあり悩んでいました。ですが今では、同じような悩みを持つ人から勧められたキュレルの化粧品がとても肌に合い、使用しています。これからも色々な化粧に挑戦してみたいなと思っています。

同じくクレンジングでも乾燥肌を対策するものを使っています。マナラホットクレンジングゲルが乾燥肌を対策しながらメイクも落とせとても便利です。

 

香水のマナー

img091106225817_p

香水はじぶんが好きな香りをつけるものです。いい香りのする人はとても魅力的に感じます。しかし、香水によって不快になることも多いです。
例えば、電車などで香水をふりかけている人です。電車では匂いで乗り物酔いをする人がいる可能性があります。所構わず、香水をつけるべきではないと思います。
また、じぶんがいい匂いだと思っているものが必ずしも周りの人もいい匂いと思わないことが大切だと思います。匂いのキツイ香水をたくさんつけて歩いている人をみると、匂いに酔って気持ち悪くなることがあります。特に女性がブルガリプールオムつけてるのはどうかと思います。
このようなマナーは女性が守れていないことが多いように感じます。香水もファッションの一部であり、個人の自由と思ってしまいがちですが、一度考えてつける量や場所を決めてほしいと思います。
香水屋へ行くといろんな種類がありますし、選んでいて楽しいものです。マナーさえ守れば、素敵なファッションになります。自身の魅力を出すためにも、マナーを守って香水を使用したいです。

お気に入り〜

 

Close up of perfume spraying from bottle

1つめは「ローズ系」の香りで、2つめは「柑橘系」の香りです。
私が香水をつけるのは「おしゃれをした時」と、「気分が落ち込んでいる時」、そして「食欲を抑えたい時」です。
「おしゃれをした時」に香水をつけると、気分も華やかになります。そして何となく、エレガントになったような気分になります。
「気分が落ち込んでいる時」に好きな香りの香水をつけると、「ほら、元気を出して」と励まされたり、癒されたりするような気がします。そして、「何とかなるさ、明日はきっと大丈夫!」そう思えるのです。
だから、彼にもメンズ香水プレゼントをしたりしています。
「食欲を抑えたい時」にも、香水が活躍してくれます。生理前に食欲が増してしまう時、やけ食いしてしまいそうな時などに好きな香水の香りを嗅ぐと、食欲が抑えられるような気がします。
香水は私の生活の中ではとても大切なもので、「誰にも内緒の友人」のような存在です。何歳になっても、この3つの目的で利用しているであろうし、身近な人の誕生日や節目の時などに贈り物をする場合には香水を選びたいと思っています。

授業中の罰ゲーム

150415211966_TP_V
高3の時、クラスに仲の良かった友達のグループがあり、受験期でもありクラス全体が緊迫しているムードでした。
その感じが僕らは嫌で、もう少しリラックスしたかったんです。←怠け者
そんなことで、みんなで提案したのが罰ゲーム!
8人中、じゃんけんで負けた2人が罰ゲームをします。
その内容は、、、、
じゃんけんで負けた最下位のAくんが、授業中お腹を抱えてうずくまります。
それで、じゃんけんで負けたもう一人のBくんが「先生!Aくんがお腹痛そうです!」
と言います。そしたら、Aくんは「う⚪︎こーーーーーーー」と言って教室から飛び出してトイレまで走っていくという内容の罰ゲームです。
高3にもなって、受験期真っ只中なのに、よくこんな馬鹿げたことしたなと思います。いや、受験期だったからみんあ壊れていたのかな?
8人で一気にじゃんけんをして、グー対チョキで一気に負けたのが4人
その中に僕も含まれていました。
そして、次のじゃんけんで僕ともう1人負けて残りました。その子と2人でじゃんけんをしてなんとか勝ち、僕がBくんの役に!
授業開始後15分経ったらAくんが倒れる予定だったのに、なかなか倒れないんです。
仲の良いグループの子たちで、「早く!」みたいな合図を送ってもなかなか倒れず、30分経ってやっと倒れました。そこで僕もBくんと席がかなり離れていたのに「先生!Bくんがお腹いたそうです!」と言いました。お前なんでその席からBくんの状況わかるんや?みたいに思われたと思いますが、Bくんも「う⚪︎こーーーー」と言って教室を飛び出して行きました。先生もびっくりして、「まあ、生理現象やからしょうがないけど、あんな叫んでトイレ行った子初めてみた」とか言ってましたね。
この日は、いつもより少し緊迫感が和んだというか、その話題ばかりでみんな笑ってました。
けど、授業止めてすみませんでした。